A1坑道

Shaft A1

Overview

入り口を入ってすぐところがA1坑道。銅山の1F部分で、範囲はごく狭い。鍵をもらって、先のエレベーターでB1Fに降りるだけだ。「A」は1F部分となり、B1Fは「B」、B2F部分は「E」だ。ではC・Dはどこか、という話になるわけだが、それは不明だ。

基本情報

名称

A1坑道

A1こうどう

Shaft A1

ジャンル

エリア

所在地
カッパーベル銅山1Fの中央部
アクセス
入り口から徒歩3分

周辺スポット

こちらのページもおすすめ