黙約の塔

The Keeper of the Lake

Overview

銀泪湖の中央にそびえる黙約の塔。15年前のガレマール帝国侵攻時に帝国軍の旗艦を龍神ミドガルズオルムが墜落させたもので、現在も錆びた機体にミドガルズオルムが巻き付いた印象的な姿を見せている。すなわちこれは「塔」ではないわけだが、黙約の塔と一般に呼ばれている。

内部のガイドを見る

基本情報

名称

黙約の塔

もくやくのとう

The Keeper of the Lake

ジャンル

遺跡・遺構

所在地
モードゥナ、銀泪湖北岸
アクセス
銀泪湖北岸にある進入地点までは、エーテライト「レヴナンツトール」から徒歩27分

周辺スポット

こちらのページもおすすめ