獄之蓋

Hells' Lid

Overview

溶岩が絶えず流れている活火山、獄之蓋。鬼の顔を思わせる形をしていて、口にあたる部分が主火口になっている。それ以外にも火口はあちこちにあって、溶岩により少しずつ島が大きくなっているようだ。現在でもサカズキ島とほとんど繋がっているが、溶岩の噴出が続けばひとつの島となることが想像される。

基本情報

名称

獄之蓋

ごくのふた

Hells' Lid

ジャンル

自然・景観

所在地
紅玉海、螺旋海峡
アクセス
エーテライト「クガネ」から都市転送網で「紅玉海方面」へ移動し、水泳で20分でサカズキ島へ、さらに徒歩で19分

周辺スポット

こちらのページもおすすめ